CQロール 洗い方

CQロールは洗いづらくない!ただ…

CQロール 洗い方

 

入り口付近にある上下のデコボコや、その奥に隠れる子宮口など、
CQロールは一見洗いにくそうな印象を受けます。

 

もしかしたらあなたも、
「CQロールが気になるんだけど、洗うの面倒だったら嫌だなぁ…」
なんて思っていませんか?

 

 

結論から言いましょう。

CQロールは洗いづらくないです。
ただ、裏返し洗浄はやめたほうがいいです。

 

私は今まで数多くのオナホを使いましたが、
CQロールの洗浄は楽な方ですね。

 

挿入口が数ミリしかないロリホールに比べれば水を入れやすいですし、
裂けやすいすじまん型オナホのように取り扱いにビクビクすることもありません。

 

素材硬度がやや硬めなのと、
肉厚でボリュームがあるためホールそのものが頑丈な作り。

 

だから、気を使うことなくガンガン洗えます。

 

ただ、硬めで肉厚という長所が、
裏返しを困難にしているのもまた事実。

 

CQロールは本当に肉厚なので、
さながら”透明なゴムのかたまり”といった感じです。

 

そのため裏返そうとしても、
ブルンッと戻ろうとする力が強いんですね。

 

特に、ウリである子宮口から先は、裏返すのが非常に困難。
私は損傷が怖くてやっていません。

 

 

「じゃあ、どうやって洗ってるんだよ?」

 

 

私は裏返さずにそのまま
手マン(指で中を洗う)の要領で洗浄しています。

 

CQロールに限らず、私は”裏返し洗浄しない派”です。

 

よく、「オナホは裏返して洗わないと、
洗い残しがありそうで衛生的に不安」という人がいます。

 

しかし、私は何年もオナホに中出ししていますが、
息子はまったくもって元気です(笑)

 

変な病気にかかったこともありませんよ。

 

CQロールも、ポイントを押さえれば裏返さずともしっかり洗えます。

 

 

CQロールを裏返さないで洗う方法

1.水道の蛇口の下にCQロールを立ててセットする

もちろん、挿入口が上ですよ(笑)

 

お風呂に入るときに洗えば、
気兼ねなく水をジャージャー出すことができますね。

 

2.両手の親指を中に入れ、内側を広げながら残ったローション等を水で流す

CQロール 洗い方

 

まずは、中に残ったローションなどを流水ですすぐ。
両手の親指を挿入口から入れて、中をグイッと広げます。

 

親指を入れる位置は、上の写真のようにホールの上面&底面側がよいです。
なぜかというと、天地にデコボコがあるから

 

流水の障害物となるデコボコを押さえつけるように親指を入れます。

 

親指は、奥にある第二の穴「子宮口」まで突っ込みましょう。
そうしないと子宮内まで水が行き届かないです。

 

3.ハンドソープを数滴たらして、中を指でこすり洗いする

ハンドソープやボディソープなどで本洗い。
手マンの要領で、優しく中を洗います。爪は短く切っておいてね♪

 

4.手順2の要領で中をすすぐ

水勢を強めにして、最奥の子宮までしっかりすすぎます。

 

注意点としては、子宮口のまわりの部分(下の写真ピンクの箇所)。
ここ、ヌルヌルが残りやすいです。

 

CQロール 洗い方

 

5.指で中を確認し、ヌルヌルが無ければOK

人差し指を突っ込んで内部全体を確認します。

 

6.キッチンペーパーを指に巻き付け中の水滴を吸い取る

二回ほど繰り返し、キッチンペーパーが湿っていなければ大丈夫。
水滴さえしっかり取り除けば、乾燥は特に気にしなくていいです。

 

間違ってもティッシュでやらないように。破れて大惨事になります(汗)

 

 

私はこんな感じで、CQロールを裏返さずに洗っています。

 

なんとなく難しそうに思うかもしれませんが実際やってみると、
どうってことはありません。

 

決して面倒くさくないので、
コンドームは付けずに思う存分中出しを楽しんでください♪

 

 


トップページ